常に新たなことに取り組みあきることのない仕事

スタッフ紹介

HOME > スタッフ紹介 > 生産本部 第1グループ 堀井 珠美

  • 01
  • 02
  • 03
  • 04

事務志望から、製作に挑戦することに。

私の仕事は「トレース」と呼ばれる作業で、お客さまからいただいたロゴなどのデザインデータを、サインを製作するためのデータに変更していく技術的なものです。でも実は、就職活動で探していたのは、事務系の職種です。オガワにも最初は事務職で応募しました。

会社のことを知り、気持ちが変化。

オガワに会社訪問したり工場見学をしたりするうちに、製作に携わるのも楽しそうだなと思うようになったんです。学生時代に趣味でパソコンを使ってイラストを描いていたということもあって、採用担当者からも「製作に興味はない?」と打診され、思い切って挑戦してみることにしました。

新たな気づきや学ぶことの多い毎日。

  • 大学では日本文学を専攻していたので、CADを使ったこともなかったし、設計の知識も全くないところからのスタートでした。もちろん難しくて大変なこともあります。でも先輩が丁寧に指導をしてくれるし、なにより自分でやってみたいと思ったことなので、日々とても充実しています。サインのトレースは、同じものを作るということがほとんどありません。だから常に新しいことに取り組んでいて、毎日が勉強です。新しい気づきも多く、飽きることがないですね。

自分自身の技術力を高めるために。

私は入社してすぐに今の部署に配属になったので、製造現場の経験がありません。トレースでは基準値に沿ってデータを作成するのですが、それだけでは現場の人の感覚とズレてしまうことがあります。トレースの技術を高めるためにも、いつか現場を経験してみたいと思っています。

正確さと作業効率の両立が課題。

サインも複雑なものになると、表に見える部分だけでなく、内部の構造に関わる設計が必要なものもあります。少しずつ複雑なトレースもさせてもらえるようになり、この仕事の面白さを実感しています。技術も経験もまだまだ未熟ですが、正確さと作業効率を両立させ、仕事の幅をさらに広げていきたいですね。

学生へのメッセージ

工場というと、どちらかというと暗く汚いイメージがあるかもしれません。でもオガワは明るくて清潔感があり、女性でも働きやすい雰囲気だと思います。人数的には男性社員より女性社員が少ないですが、女性の先輩方がいろいろな部署で活躍しています。女子学生の皆さんにも、ぜひ挑戦していただきたいです。

興味のある方は、まずはエントリー! ENTRY

Copyright © OGAWA CORPORATION All right reserved.