作り手だった経験も生かして独自の提案力のある人材として活躍

スタッフ紹介

HOME > スタッフ紹介 > 営業本部 東京支店 宮林 啓

  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05

「ものづくりを続けたい」という思いで転職。

私は転職組なんですが、ずっと一貫して“ものづくり”に携わってきました。もともとジュエリーのデザインや制作をしていたこともあり、いかに形にするか、どうしたらより美しく見えるかといったことを考えるのが好きなんです。オガワでは作る側ではないですが、営業として、お客様のご要望を形にする方法をご提案しています。

新しいチャレンジができるのも魅力。

オガワに入社したいと思ったのは、会社説明会で「この会社では手をあげれば、たいていのことはやらせてもらえる」という話を聞いたことが大きかったですね。決められたことしかできないメーカーも多いと思うのですが、新しいことに挑戦できる社風は、ものづくりが好きな私にとって大きな魅力です。

挑戦し続けるために、素材や技法を学びたい。

  • サイン業界に入って興味を持つようになったのは、素材のことです。金属の加工は以前もやっていましたが、アクリルは初めてだったので、特に電気と組み合わせた時の可能性には驚きました。アクリルといっても種類はさまざまですし用途も違います。もっと視野を広げ、サインの新たな表現に挑戦していくことが必要なのではないでしょうか。お客様からのご要望もどんどん高くなっているので、今まで通りのことをやっているだけではダメですよね。お客様の期待を超えるものづくりをするためにも、新たな素材や技法をしっかり勉強していきたいと思っています。

街の風景の中で、サインを見るのが喜び。

私は東京勤務ですし工場は広島にあるため、普段はなかなか完成した製品を確認することができないのですが、設置された現場を見ると、すごく感動しますね。お客様との打ち合わせの際には、机上でしか見られなかったものが、実際に街の風景の一部になっている様子は、そのスケール感も含めて、大きな達成感を味わうことができます。

いつかは誰も見たことのないサインづくりを。

以前の仕事では作り手でもあったので、工場の職人さんたちの大変さもよく分かりますし、職人さんの技術力があってこその製品なので、すごく感謝しています。営業としては、作り手の感覚を生かした独自の提案をさせてもらうこともあるので、その点でも大きなやりがいを感じています。いつかは、誰も見たことのないようなサインを手がけられるようになりたいですね。

学生へのメッセージ

私はこれまで何社か経験してきましたが、オガワに入り、大きなやりがいを感じられる仕事に出合ったと実感しています。オガワは常に新しいものに向かって動いている会社です。製造でも営業でも、ものづくりが好きな人にとって最高のフィールドではないでしょうか。お互いに刺激を与え合い、ともにステップアップできる人にぜひ入社していただきたいです。

興味のある方は、まずはエントリー! ENTRY

Copyright © OGAWA CORPORATION All right reserved.